訂正 前文記述、森林管理員の所属は、「営林庁」ではなく「営林所」でした。

何処らに書いたか思い出せず、取り急ぎ訂正だけ加筆しましたが当該箇所については後ほど訂正いたします。

千葉県大網白里市『十枝の森を守る会』紹介記述については、講師の希望で取り下げました。私としては、有意義な社会資産をみなさんにご紹介、共有、地元の振興、とか、私なりに考えたのですが(ご迷惑だったようで… ご理解いただけず残念です)

当該講師の主張:「右翼にウチに火炎瓶投げ込まれるから止めてくれ」。

私の主張:「そういう時勢ではなく、選挙で政権が交代できるし、どうにか話し合いで社会が改革できる程度の基盤ができている」。

そういう社会不安の経緯があったので可能性がないとまでは言いませんが、昨年安保立法後の内閣改造で大臣複数名が左系に刷新され、たしか、現在、一億総活躍担当のK大臣って、前に ” 靖国参拝しないほうがいいと意見を週刊誌に載せて右翼に実家に放火されて全焼した ” という自民K氏の関係者でわ? で、これ、人事内容で ” 主義・思想・信条・政策の間違いを改めたものとして責任逃れする、ごまかそうとする ” というイミであるとしたら余りに姑息な邪道です。政見方針の転換のつもりだとするなら、明言していないものは改めていないものと全く変わらず、状況次第で180度正反対に言い逃れる「玉虫色の担保」答弁は、変わらない以上に問題です。「玉虫色」答弁は、自民党政権の伝統施政手法ですが、何もしない行政、腐っていく社会、滅びてゆくだけの国家を存続させているものです。

昭和55年、沖縄で当時皇太子だった明仁さまへ火炎瓶投げつけたのは一般住人だろうし、昭和62年、朝日新聞社襲撃犯「赤報隊」は元自衛官らしいという噂ですが、日本では、旧来の有権者層の一部国民にとっての《 政治 》は、社会生活上最大の「禁忌」、非常な恐怖の対象となってしまっています。

今、ゼッタイに民意を示す必要が在るのだと説得の努力はしたのですが、《 政治 》に関わると殺されると思うらしいです。社会の諸問題の元凶が何処にあるか理解できない、という訳ではなく。けれど、一般国民には国に異議があっても選択肢は複数あると思いますが(現在紛糾の安保施行に異議があっても政権交代をめざすとか、日本国民を辞めて移民する流民になるとか、他もろもろ)、今上陛下には、選択のご自由は一切なにもありません。

『天皇制』から解放されない限り、発言権を禁封されたままです。

某「おおさか維新の会」さん(こちらはテレビで国会中継されている公的既存政党ですが)で、『キラキラ提案』提唱されているので、個人企画「平和党」は『きらきらスローガン』を始めることにしました。触発されての2番煎じですが、ひらがな書きなのと由来の違いが当方の独自スタイルだ?!(微妙だが)

先方に未確認の想像では、たぶん「おおさか」さんの「キラキラ」由来は、社会現象的な命名傾向『キラキラネーム』の「キラキラ」ではないかと思うのですが、「平和党」は、推進政策『地球規模の公共事業・大陸砂漠地緑化・森林都市建設-オアシス-計画』の大局目標『大宇宙楽園構想』にもとずき、宇宙のきらきら星をめざすイミでございます!(「おおさか」さんも偶然後者だとおっしゃるなら(ない?)、大変奇遇でございまして感謝歓迎いたします)

☆★きらきらスローガン★☆  日本の健全化は、『天皇制』の廃止から!

『大統領制』の導入!

東日本大地震、被災地 東北地方復興策「ネオ・ジャパン 明仁さまの『解放談話』フェスティバル 各種イベントキャンペーン開催」(同時進行で諸政策一挙施行!)

ちなみに、「大統領制の導入」は、たしか記憶では、「おおさか維新の会」さんで結党当初に提起されておいでだったと思うのですが、ぜひ頑張ってください!

余談:偶然の皮肉。「キラキラ」って、どことなくなんとなく自民党体質「玉虫色」を連想させる擬態語ですが、ここは皮肉な偶然を逆手に取って、「玉虫色」を脱却し民主主義の正道、「正真正銘のキラキラ」を具現するのだ! 古今東西の融合、新生日本、ネオ・ジャパン政権へ交代だ!

 

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

《 象徴天皇について 》

今上天皇 明仁さまは、敗戦70年を経て今尚、徳田球一氏が獄中で耐えた18年にも等しいか、或いは、それ以上に絶望に覆われた境遇にございます。

監禁拷問という身体的苦境におかれ絶命の覚悟も不遇悲惨ではあるのですが、生命と引き換えであっても意志を表示できたこと、主義、信条、思想の自由の死守が許されたこと、本来、倒幕維新の志士の多くは民主治世をめざしたのではなかったかと想像され、今上陛下のご境遇よりは、或いは、「言論の自由」を体現しえた球一氏のほうが遥かに恵まれていたかと、私は感じます。

『戦力の放棄』は、戦犯国家 日本政府に対する懲罰。

『象徴天皇』は、戦争責任者 日本天皇に対する懲罰。

《 政治 》《 まつりごと 》は、本来、暮らしのすべて、生きていることのすべてです。それを、してはならない、生きるな。基本的人権は明確に認めておらず、解釈によるとはいえ厳密に検証すれば「象徴天皇」制度は、皇族へ生存権も認めていない。生ける抜け殻の屍(イケルヌケガラノシカバネ)。人として、これほどみじめな境遇はないのです。

徳田球一氏が、当然に異議を認めていたはずの処です。

国民の総意により『象徴』、国民が、基本的民主政治機構を理解できるまで、天皇陛下が発言権を禁封される懲罰をおっておられるものです。「政能あたわず」

戦争責任者「天皇」に対する「言論の自由の剥奪」という懲罰、人に愛玩されている犬猫には意志表示できて分かってもらえる世の中で、人に食用に飼育され堵殺されている家畜なみ? 「女の社会的地位は家畜以下」だという『男尊女卑』それ以下?

与党系一部議員の議会態度を見たら、《 参政 》への恐怖は無理はない話かなあという気はします。

昔、自民党系議員の「人物」「人柄」が良くて支持された時期もあったらしいです。今も地方の地元は概ねそうだと思います。「戦争」が支持されている訳ではない。ウチの父も本人の話では結婚前の独身就労当時、北海道で故 町村さん本人かお父さん(?)-自民-に選挙投票していたらしいです。「あのころは(50年余前)政党としては自民党が良かった」らしい。記述者には不詳。私は、総括して自民党が日本を滅茶苦茶にしてきたと思っており、当時の国民は政党政策を知らずに騙されて政権を与えていたのではと疑っています。日本は国民のガマンで持っている国です。

現在の自民系一部議員の職務態度(議会参加態度)の悪さ、世界的にも最高峰でわ?(悪評あげてどうすんだね) 野党議員が、与党のヤジ攻撃で発言を脅かされている例を幾件か見ていますが、言論の自由の侵害は憲法蹂躪の重大犯罪です。異議があるなら議長へ発言の許可を求めて許可を得て、ちゃんと意見として言え。自民のくそ。

 

投稿者:

武井 直子

◎ 1965年(昭和40年)6月28日神奈川県鎌倉市生まれ。血液型 Rh+A型(遺伝子型ao)。本籍 山梨県都留市(旧 南都留郡三吉村)→千葉県大網白里市(2016年7月現在、同3月に本人の知らない内に親族が現住所へ移転していた為、他日、誤移転を訂正する予定でおります)。千葉県大網白里市(山武郡大網白里町)在住。北海道で保育園に通所、神奈川県横浜市へ居住後、千葉県山武郡大網白里町へ移入。大網白里町立大網幼稚園、同大網小学校、同大網中学校、千葉県立長生高等学校卒業。大学は入学辞退2校、除籍処分1校。1980年(昭和55年)9月外傷以降色々あり現在も病養中。2014年(平成26年)6月より国政抗議活動、同8月政策提言活動を始め、同11月より個人企画「平和党」をなのり国会議員就労志望、議員当選なし。支持政党は日本共産党、生活の党、社民党、民進党、おおさか維新の党、民権9条護持派を支持。

“訂正 前文記述、森林管理員の所属は、「営林庁」ではなく「営林所」でした。” への13件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です