日本政府の主張も、テレビ報道もあぶない!?  世界で最も悪質な政府は?

自民党政府の陰謀による事実関係のすりかえ、亡国の悪質な詐術が展開されています。「映像」の魔力に惑わされず、真相を洞察し真理を見極めてください。

1972年(昭和47年)初刊書籍の記述などでは、太平洋戦争(第二次世界大戦、大東亜戦争とも称される)中の原爆投下の経緯は以下の処です。1977年(昭和52年)度当時、日本の公立学校では「事実」について教えず、児童に嘘をすりこんでいました。近年、日本政府・自民党国会議員を中心とする国内団体から、史実と相矛盾する「主張」が国際社会(国連や世界各国要人著名人)へ広く提起されています。39年程前には、国内で検証を要する大問題が生じていました。

◎ 原子爆弾開発の経緯。1938年、ドイツのハーン博士(Otto Hahn 1879~1968)が、シュトラウスマン(F.Strassmann 1902~1980)とともに、ウランに中性子照射すると原子核分裂が起こることを発見。ハーンらによる38年の「原子核分裂」発見から、「原子爆弾」が開発された。

 

《 「長崎」、「広島」、原爆投下の経緯 》

1941年12月7日(日本では8日未明)、ハワイ、オアフ島南岸パール・ハーバー(真珠湾。※アメリカ海軍根拠地)を日本海軍が奇襲攻撃し、太平洋戦争が勃発。開戦責任者: 大日本帝国政府 東条英機首相。

1945年7月26日、アメリカ合衆国、イギリス、中国の3主要連合国が、日本へ降伏の機会を与える条件として『ポツダム宣言』に合意し、日本へ対して同宣言を宣言。日本軍は『ポツダム宣言』受諾を拒絶。日本の軍事攻撃続行、降伏拒絶から、連合国軍の攻撃再開、8月6日、アメリカ軍、長崎へ原爆投下。

同8月8日、7月26日の時点でソヴィエト連邦は日本と中立関係を維持していたため宣言に加わらなかったが、8月8日、ソ連が日本へ宣戦すると同時に『ポツダム宣言』に加わり、米英ソ中4主要連合国の対日宣言となった。日本軍は『ポツダム宣言』受諾を拒絶。8月9日、アメリカ軍、広島へ原爆投下。

日本軍が、8月14日、『ポツダム宣言』を受諾し、降伏。

日本軍の『ポツダム宣言』受諾の拒絶は、国体(『内閣大臣制』『天皇制』)の保持を条件として「国民総玉砕」を主張した由で、原爆投下を招いた。同『宣言』受諾後、8月15日、玉音放送までの経過には、軍の上層部で降伏反対派の暴動が生じ、指揮統制は破綻し、実際に戦地前線の侵攻戦闘が停止したのは、8月22日だったという。

投稿者:

武井 直子

◎ 1965年(昭和40年)6月28日神奈川県鎌倉市生まれ。血液型 Rh+A型(遺伝子型ao)。本籍 山梨県都留市(旧 南都留郡三吉村)→千葉県大網白里市(2016年7月現在、同3月に本人の知らない内に親族が現住所へ移転していた為、他日、誤移転を訂正する予定でおります)。千葉県大網白里市(山武郡大網白里町)在住。北海道で保育園に通所、神奈川県横浜市へ居住後、千葉県山武郡大網白里町へ移入。大網白里町立大網幼稚園、同大網小学校、同大網中学校、千葉県立長生高等学校卒業。大学は入学辞退2校、除籍処分1校。1980年(昭和55年)9月外傷以降色々あり現在も病養中。2014年(平成26年)6月より国政抗議活動、同8月政策提言活動を始め、同11月より個人企画「平和党」をなのり国会議員就労志望、議員当選なし。支持政党は日本共産党、生活の党、社民党、民進党、おおさか維新の党、民権9条護持派を支持。

“日本政府の主張も、テレビ報道もあぶない!?  世界で最も悪質な政府は?” への7件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です