1977(昭和52)、自民党政府「捏造史」 《 『明治維新』、無血革命虚構 》

これは、日本の国民が、きちんと考えて改めなければならない重大な課題です。

別項へ多少前述しましたが、今から38年ほど前、「自由民主党」政府の日本の学校では、主に社会科の授業で、日本の近代軍事史や民主主義の概念などについて、悪質なウソや虚構(フィクション、つくりばなし)を児童たちへ刷り込んでいました。

60年ほどの長期、日本の自民党は与党として政権を担当しながら世界へウソを言いふらしており、自民党のウソで名誉を汚され損なわれている皆さんは心を痛めて悲しい思いをしておいでです。問題を認めている国民も心を痛めています。

人類史上、日本の江戸幕末・明治維新より現在にかけての近代軍事戦争期ほど、膨大に人命を奪い損ない蔑ろにした時期はありません。西洋の古くに幾度か大帝国が築かれた史実はありますが、一方的に文化が軍事破壊され略取された訳でなく住人自身が新技術新治世を迎え入れた側面の読み取れる吸収合併拡大もあり、これを「侵略犯罪」と呼びうるか否か、またやや後の時代に領土を奪われた流浪の民族も多数あり、勉強不足で調査中です(申し訳ありません)。

日本政府 初代内閣総理大臣 伊藤博文は、幕末の不平等条約の改正に失敗した後、日本の「天皇」を神格と定めた憲法を制定し世界征服の旗印に掲げて軍事侵攻を開始しました。この時点で日本の『天皇制』の廃止は半ば宿命と化しています。責任の取り方に選択肢は複数ありますが、犯罪組織の首謀者や仮に実権のない傀儡であっても表看板の旗印が存続しえないことは自明の理です。そしてまた、伊藤は、朝鮮半島を征服すると朝鮮を治めていた皇帝を廃位し、皇室を廃絶しています。他国の王室を軍事的に廃絶した侵害国の王制は、被害国との友好関係を回復するうえで、侵害国の国民自身が廃止しなければならないものです。他国の尊厳を踏み躙って、友好など成り立たないことは明白すぎることです。

対処が及ばず最近の学校授業の実態も未確認ですが、以下は1977前後に学校で授業展開されていた日本政府のウソです。自民党色の強い地方農漁村部の土地柄なので善意の人が多い割には、モノが言えない社会、戦前戦中と余り差のない暮らしぶりだったように思い返されています。国民がガマンを重ねて必死に頑張っていた割に、敗戦のトラウマが悪く作用し社会を蝕み、思考的な混乱、錯誤、暴力主義、犯罪の蔓延、内面的貧困が顕著になっていった… 自民党60年の施政についての所感です。

 

1977自民党政府の捏造史の概要:『明治維新』は、無血の文化革命で、明治維新の中心人物 伊藤博文により日本で初めて民主主義の議会政治が始まり文明が開化し、『富国強兵』政策により国の産業が興って近代社会が築かれた、という趣旨。

「日本は江戸時代の鎖国で世界から出遅れていた。幕末期の世界では、先進の欧米列強諸国が世界各地へ開拓進出して植民地支配し、土地の資源を本国へ持ちかえり、農園を作って植民地の原住人を奴隷同然に働かせていた。欧米列強の軍艦隊が日本にも攻め込んできた情勢だったから、『明治維新』の政治家たちは外敵に備えて国を防るために大変な苦労をして日本を建国した。『明治維新』の中心となった伊藤博文たちは、日本人で初めて西洋へ渡航して、欧米の国々の社会の仕組みや決まりを勉強した。今は外国へ留学といっても飛行機で行けるけど、この頃は、船で何ヶ月もかかって大変な危険を冒して海を渡った。江戸時代の鎖国の遅れを取り戻して、世界で一番進んだ国にしようと民主主義の仕組みを作った。日本の天皇は古くから万葉や和歌の勅撰集や歴史書を編み、国の文化行為は宮廷で行われていた。伊藤たちは天皇中心の文化的な国家こそ日本の民主主義に一番ふさわしいと考え、日本の国に最も近くよく似ているプロシア憲法を手本に、国の憲法を制定した。日本の民主主義が始まった明治維新の革命は、イギリスの名誉革命と同じで、日本の憲法は、ドイツのプロシア憲法と同じだと覚えればいい。そして伊藤博文たちは国の政治の基本となる憲法を定めると、天皇陛下から内閣総理大臣の任命を受けて、日本で初めての国会を開いた」。

「国会を開くと、『富国強兵』政策を出して国に産業を興した。日本で初めての鉄鋼業の八幡製鉄所、紡績業の富岡製糸場、日本の産業の大部分は、明治維新の革命を成し遂げた薩長藩士が、西洋に学んで明治政府をつくって官製で興した。都心部には鹿鳴館を建設して西洋風の舞踏会を開き世界中の来賓を招待したが、欧米人の黄色人種に対する偏見はひどくて、黄色人種が欧米をまねている ”猿真似” という皮肉で、当時の鹿鳴館舞踏会の様子の風刺漫画が新聞にも掲載された(学校授業副教材の資料集に引用掲載)。見て分かるとおり当時の日本人を猿に似せて描いて侮辱している。日本は欧米列強の仲間入りしようと必死に頑張っていたけど、いくら日本の政治家が苦心しても、欧米側では黄色人を ”猿” 呼ばわりして遅れた貧しい国だと蔑んでいた。これじゃあ、対等につきあうなんて土台無理な話で、欧米の軍隊が攻め込んできたから、日本も軍隊を備えて国を防らなければならなかった。大和朝廷時代に、中国大陸から日本へ攻め込んできた軍隊に備えて、農民が『防人(さきもり)』という兵役を担って警備についたし、何時の時代にも日本を自分の国の領地にしようと攻め込んでくる敵がいたけど、江戸時代だけは幕府の方針で鎖国をしていたから、ペリーの黒船が浦賀に来航するという大事件で鎖国が破られて、欧米列強が日本へ攻めてきたから国は大騒ぎになった。道路や学校や病院や、今の日本の社会の近代的な設備はぜんぶ、明治政府の『富国強兵』政策で出来た。明治維新で初めて西洋の鉄鋼鋳造の技術を学んで官営の鉄工所が建って、飛行機や船も造れるくらい進歩した。

日本の江戸時代は、『明治維新』と呼ばれている革命を起こして国を変えた政治家たちがいたお陰で終わることが出来て、民主主義の明治の時代になった。それまでずっと武士が暴力で支配していた武家社会で、国を閉ざして鎖国を続けて絶望的で闇のように暗い世の中だったけど、明治の維新革命で、日本の社会に初めて文明の灯火がともって近代文明社会が始まったから、文明の幕開けだという意味で、明治維新の文明の始まりのことを『文明開化』と呼んでいる。それまでは、武士は髷(まげ)を結って刀で簡単に人を切って殺してしまう野蛮な生活をしていたけど、武士の中でも人を殺すのは悪いことだと早くに気づいた人は、それまでの武家社会の悪い習慣を反省して、人きり御免の印だった髷を切り落としてザンギリ頭にすることで、文化人の仲間入りを始めた。その頃の武士の改心は歌にも詠まれていて、「ザンギリ頭にしてみれば文明開化の音がする」と、士族の多くは、みんなから笑い者になっていた。今まで、切捨て御免の特権を使って人を切りたいだけ切り殺しておいて、髷を切ってザンギリに真似したくらいで文化人の仲間入りをしたつもりになって滑稽だってことで、士族を笑って歌に詠んだ人がいて、この歌は尤もだと言う人が多くいて大勢の人が口々に歌って士族をひやかしていた。だけど、これまでは武家社会の野蛮な暮らしをしていたけど、みんなで頭をザンギリにしたから、やっと文明人の作法の仲間入りが出来るようになったと、原始的な長髪を止めたことは明治の日本人の誇りだと言っていい。近代社会の文化的な髪型は、明治維新の文明開化で始まったザンギリ頭。髪の毛を伸ばすのは原始時代の原始人がする野蛮の印だから、もう人を殺す時代に戻りたくないと思ったら、これからの時代は、髪の毛は伸ばさず短く切る。野蛮な心を捨てて人殺しを止めるために、みんなでザンギリ頭にしようという社会の風習になった。みんなは文明開化の伝統を受け継いで、髪の毛は短く切って社会で評価される身だしなみを整えてることを覚えるように。髪の毛を短く切らないでいると、武士の時代の野蛮な心に逆戻りして人を殺してしまうようになる。暴力で人を殺したら、殺された相手の人が可哀想だなんていうことは、江戸時代が終わるまで日本人は考えてこなかったけど、明治維新の革命で、これからは人を殺すのは悪いことだとみんなで考えていこうという話になった。武家社会の髷を結えるような髪の毛を伸ばして残しておいたらいけないということは、社会の常識として学ばなければいけない。みんなで文化的な世の中に変えていくために、いっしょに頑張っていこうと決めた心を忘れないように、みんなで髪の毛は短く切って、明治維新の文明開化のザンギリ頭を守っていかないといけない。民主主義の良い世の中にしてゆくために、今は男女平等にみんなが髪の毛を短く切る時代。いくら男がやさしくて女子も男子と同じように一緒に勉強させてあげたいと思っても、女子が原始時代の身だしなみでいたんじゃ、男がいくら頑張っても、古い世代の大人たちは(女に学問は必要ない。女に学校教育を受けさせてもカネの無駄遣いだという抗議が多い)納得してくれないから、何時までたっても平等な社会にはならない」「旅行に出かけるときや、入学式、卒業式など、色々な行事のときは見苦しいことがないように頭髪は衛生的に清潔な髪型にすること。学校で生活指導しても、先生の言うことを守らない生徒がいると、PTA会で父兄から先生が文句を言われて困ったことになる。みんなで一緒に同じことに同じように参加するのが民主社会。自分勝手な行動を取らないように」。

「『明治維新』は、日本の革命で、江戸時代の終わりに薩長藩士の伊藤博文たちが中心になって起こした。「革命」って言っても、みんなも何のことだかよく分からないだろうし一言で説明するのも難しいんだけど、簡単に例えて言うと、日本の『明治維新』は、ちょうど、偶然、イギリスの『名誉革命』によく似ていて、イギリスの『名誉革命』が日本で起こったと考えると、ちょうどぴったりする。イギリスの王室と、日本の皇室は、西洋と東洋で遠く離れているのに、不思議なくらい2つの国が何もかもよく似ている。だから、ちょうどイギリスの『名誉革命』が、日本で同じように起こったと考えると分かりやすい。だから、日本の『明治維新』は、イギリスでいう『名誉革命』だって、そう覚えるように。日本の『明治維新』は、イギリスでいう『名誉革命』のこと。いいね。今度は、『名誉革命』について説明していくよ。なんで『名誉』の革命かって言うと、今までの武士の世の中のように、戦争で人を殺して国を奪い取るのは止めて、人を傷つけて血を流したりしないで、話し合いだけで江戸城を明け渡してもらって解決したから、一滴の血も流さなかったことを『名誉』なこととしてほめたたえて、みんなでよく覚えて大切にしようという考えで、『明治維新』は日本の『名誉革命』だと言うことで、日本の民主主義が始まった革命として世界中に知られている。日本は、江戸時代まで、武士階級が暴力で人を脅して無理やり言うことを聞かせて支配していた世の中だった。江戸時代の殿様には、江戸時代では身分が一番高かった武士の中の家来たちでさえ、殿様が、家来を少しでも気に入らないと思ったら、殿様の考えだけで切腹を命じられて簡単に処刑されてしまったから、死刑にされたくないと思ったら、みんな、殿様の機嫌を損ねないように、毎日、殿様の顔色ばかり伺ってびくびくして暮らしていた。誰も殿様に意見を自由になんて言えなかったし、いつ、とつぜん切腹を命じられて死ななければならないか、誰にもまったく分からない不安な毎日を送っていた。そういう世の中がずっと長く続いて人々の暮らしがどんどん悪くなった。きちんと会議を開いて皆で話し合って計画的に備えを蓄えるということもしないから、天候ひとつで飢饉が起こって不作になると、村で飢え死にする人が大勢出てしまうし、苦しんだ人が大勢いた。武家の殿様の政治が悪くて人々が苦しんでいるのを見て、この頃、日本の英雄として名高かった薩長藩の藩士たちは、困っている人々を助けるために社会をよく変えようと考えた。いつまでも暴力で人を殺していたらいけないって、みんなが気づいて考えるようになっていた。江戸時代には士農工商という身分制度があったけど、これからの世の中は誰もが自由に好きな仕事について働ける仕組みにして、社会を豊かにしようという考えで、伊藤博文たちが明治維新という革命を起こして『王政復古の大号令』を宣言したことで、天皇陛下が治める文化的な世の中が取り戻された」。

けっこう長い「授業」がありましたが一部を引用すると前述の処で、1977前後の日本政府は虚偽を喧伝していました。伊藤博文の日銀券とセットの陰謀です。半ば混乱しつつも日本の子供は生活に追われ社会の実情は『高度経済成長』『経済大国』と自称するほどラクではなく余裕はない。

1980年、中学3年5月頃、同級生Hさんから「うちのお兄ちゃん(一回り上の世代)が、学校の教科書に間違ったことが書いてあるって言ってる」と聞き、私は(周知の事実なら、そのうち訂正されるだろう)(誰か文部省に抗議できる人がしているだろう)と思ったのですが… まさか、その後、自民党の虚構史の定着工作が一途に強行推進されていた?! 同年9月、『富国強兵』政策の暴力主義の被害にあって以降、犯罪被害オンパレードで概ね死ぬ目に遭っていたため社会的対処を阻まれ不明。あれから35年ほど経ち、奇跡的に生きてはいるのですが… あの時、取り組まなかったのが、そもそもの間違いだったか?という気はしています(当時も抗議して頑張っていた人はおいでだったとは思うのですが… 具体的な噂は聞かないですが… 今からでもしないよりはマシだし歳月は悔やんでも戻りませんけど… という訳で遅まきながら一昨年より参加しております。宜しくお願い申し上げます)(被害に遭った大勢の皆さん、遅れてゴメンナサイ!)

投稿者:

武井 直子

◎ 1965年(昭和40年)6月28日神奈川県鎌倉市生まれ。血液型 Rh+A型(遺伝子型ao)。本籍 山梨県都留市(旧 南都留郡三吉村)→千葉県大網白里市(2016年7月現在、同3月に本人の知らない内に親族が現住所へ移転していた為、他日、誤移転を訂正する予定でおります)。千葉県大網白里市(山武郡大網白里町)在住。北海道で保育園に通所、神奈川県横浜市へ居住後、千葉県山武郡大網白里町へ移入。大網白里町立大網幼稚園、同大網小学校、同大網中学校、千葉県立長生高等学校卒業。大学は入学辞退2校、除籍処分1校。1980年(昭和55年)9月外傷以降色々あり現在も病養中。2014年(平成26年)6月より国政抗議活動、同8月政策提言活動を始め、同11月より個人企画「平和党」をなのり国会議員就労志望、議員当選なし。支持政党は日本共産党、生活の党、社民党、民進党、おおさか維新の党、民権9条護持派を支持。

“1977(昭和52)、自民党政府「捏造史」 《 『明治維新』、無血革命虚構 》” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です