現国政『1億総活躍社会』に、異議あり!

追 記 :  最近になって、政権側で「民主党で掲げてきた『同一労働、同一賃金』に取り組む」と言い出したことで、『一億総活躍社会』って、もうだいぶ前から日本共産党さんで提唱している『国民が主役の政治』のことか… 結局パクりね、と再認識しました。国家転覆の行政犯罪以外は、野党の提唱策を盗用するわ議題に取り上げず水面下で潰してしまうわ、そのうえで「野党は反対するだけで対案を出さない」「仕事はすべて自民党でしている」等々、虚偽を喧伝して国政そのものの信用をおとし他党の名誉すら損なってきた経緯があり、人として余りにも弁えにかけた職務態度について非を認めるなら、この点、きちんと謝罪してしかるべきだと考える。

 

『1億総活躍社会』を政策展開するのだというが、有権者をだます意図がみえみえの悪質な虚偽の喧伝だ。

ならばなぜ、天皇制を廃止しないのだ?

今上天皇 明仁さまが、憲法に権限を封殺され、胸中に70年あたためておられる政策の数々は、日本社会でも最高峰の有用な良策であろうと想像される。自民党政権は60年封殺してきたが、宝の持ち腐れ状態だ。

今すぐ天皇制を廃止して政策提起権を差し上げるべきだ。

自民党は、意志さえあれば即刻実行できると思うが、耳障りの良さそうな(? 『一億総活躍社会』について率直な所感を述べると、戦時中の『国家総動員法』や『国民精神総動員運動』などを彷彿させる全体主義に背筋が凍る恐怖をもよおすのだが、善意に解すれば国民一人一人を大切に活かそうといった意味合いなのだろうか。しかし、こんなブッソウな感性の命名があってよいものか… )スローガンばかり掲げても、内容がともなわなければサギである。他の政策も、掲げた政策と施政内容がおおむね真逆だが、詐欺の認識があってやっているものか?

自民党を解党して、天皇制を廃止して、明仁さまが大統領にでも就任されて国政を担当くださったほうが、よほど日本が健全になると思うが。

明仁さまがムリなら、民主党の蓮舫さんとか、生活の党の小沢一郎先生とか、政権担当していただきたい期待の星は結構おいでだが。前にウチの母も「小沢さんに一度やらせてあげたいなあ」って言ってましたが、何処の党行ってもおんでてっちゃうとこみると( 政党政策に問題を認める時に、自分なりの意見を主張し、折り合いが付かなければ離党するのは政党政治家としてあるべき姿であり、アッパレではございます!! )、あんまり政権にご興味ないのかね?とも思うが、駆け引きに走るのは邪道であり打算が必ずしも通るとは限りません。そうそう! そろそろまじめな努力とガマンが実るべきであり、実らせれば良いのだ!

自民党内事情は不明だが現職は到底支持しかね、何よりご自身のために一刻も早くご勇退いただきたいが、そうもいかんのかね。現職には思考的な心の整理が必要だ。国民は、自国の最重要問題であり当然に最善の良政を望んでいるが、野党議員諸氏からの臨時国会開催の要請に応じず、国会を召集せず反対意見を聞こうともしない人が、どのツラ下げて『1億総活躍社会』なのだ?

国会野党議員は、『1億』の中に含まないのか?

政策の問題点を検討しようとすらせず、どうやって国を治めるつもりでいるのか。

初めから国を滅ぼす意志かとさえ疑われる。政権奪回後、就任早々の『特定秘密保護法』( 先日9月19日可決の『安保法』ともども早急に廃止すべきだ )強行採決当時から、( この人は、絶望的にアタマが悪いのだろうか? 思考が論理破綻し正気をなくしているものか? それとも社会に復讐しているのだろうか? 国を滅ぼさんとして故意に滅ぼすものか? ) 善意に解せば錯誤の妄執だと想像するが、アベシンゾウ政権に筆舌しがたい恐怖を抱いている国民は少なくないだろう。

昨年7月、『集団的自衛権行使(要するに他国への軍事攻撃である)容認』閣議決定に続き、今年9月19日、「総理大臣が無線電話で海外派遣中の自衛隊へ《集団的自衛権の行使(軍事攻撃)》を指示できる」という条項を含む『安保法』が可決され、この国は総理大臣の暴走でいつ吹き飛んで滅びるか知れない非常事態下にある。

また、同じ日本人として憂慮し忠告申し上げるものだが、既に米国の皆さんは現職に愛想を尽かしておいでだと、私は感じている。ご自覚があっても、どうするのがマシかさえ判断がつかないのか? 国民は皆、多かれ少なかれ、それぞれの立場で現職を案じて胸を痛めているはずだ。ここまで無責任でデタラメな人間はないものだ。

投稿者:

武井 直子

◎ 1965年(昭和40年)6月28日神奈川県鎌倉市生まれ。血液型 Rh+A型(遺伝子型ao)。本籍 山梨県都留市(旧 南都留郡三吉村)→千葉県大網白里市(2016年7月現在、同3月に本人の知らない内に親族が現住所へ移転していた為、他日、誤移転を訂正する予定でおります)。千葉県大網白里市(山武郡大網白里町)在住。北海道で保育園に通所、神奈川県横浜市へ居住後、千葉県山武郡大網白里町へ移入。大網白里町立大網幼稚園、同大網小学校、同大網中学校、千葉県立長生高等学校卒業。大学は入学辞退2校、除籍処分1校。1980年(昭和55年)9月外傷以降色々あり現在も病養中。2014年(平成26年)6月より国政抗議活動、同8月政策提言活動を始め、同11月より個人企画「平和党」をなのり国会議員就労志望、議員当選なし。支持政党は日本共産党、生活の党、社民党、民進党、おおさか維新の党、民権9条護持派を支持。

“現国政『1億総活躍社会』に、異議あり!” への9件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です