2016東京都知事選挙の顛末

ご支援くださった皆様に心より感謝申し上げます m(_ _)m

2016年7月31日で、いちおう投開票は終わっておりますが、当方個人は残務(8月15日提出期限の収支報告書を未提出にて作成中)及び、選挙犯罪被害申立てが未了なので、もしかしたら後発イベントがあるかもしれません。

一般に、公職選挙の投票用紙は、当該選挙当選者の在任中は封印状態で保管される由なので、不審事項は裁判所及び警察署へ開示(捜査)請求を申請下さい。先日の参議院選挙などは、片山虎之助候補(おおさか維新の会)へ投票したのに、「得票数 0カウント」選挙区がありましたが(※ 報道では、同姓の自民党 片山さつき候補へ不正計上されている由)、他、今年4月、衆議北海道5区補選、ほか、選挙犯罪不審が噴出したまま未解決ですが…

 

個人企画「平和党」推進:『被災死ゼロ』防犯防災キャンペーン

NeoJapan Heiwa policy

  ★★★ Safety Campaign ★★★

☆ 首都防災優先、2020東京五輪・パラリンピック、開催中止!

☆ 日本の首都は「東京」から「福島」へ移設!

☆ Tokyoは「天皇」主導の観光都市へ!

☆ 首都圏直下型地震、他諸災害、『被災死ゼロ』を実現へ!

☆ 中東シリア騒乱、和平終結に協力、人類軍事紛争終結へsi!

☆ 2020両リンピック大会は、トルコへ移譲!

☆ トルコ氏両リンピック観戦ツアー振興、中東地域と国際親交!

 

NeoJapan Heiwa policy

   ★★★ OASIS plan ★★★

地球規模の公共事業・大陸砂漠地緑化・森林都市建設-オアシス-計画

☆☆☆ Planet public works plan ~

~ Plant trees in desert ☆☆☆

 

コトバのにゅあんす

~ 東京都知事選挙運動中の会話 ~

某局インタビュアー「選挙に立候補した想いについてお尋ねしますが、社会を変えたいという気持ちから立候補したんですよね?」

武井「『変えたい』という気持ちではありません」

インタビュアー「今の政治が酷いから、変えたいと思って、変えたいという気持ちで、立候補したんでしょう?」

武井「『変えたい』という気持ちではないです。『変えたい』とは、思ってません」

インタビュアー「今の政治を変えたいという気持ちで」「今の状態が悪いから、変えたいと思って、変えようと思って」 ~ 武井「『変えたい』という気持ちはない」

インタビュアー「自分が社会を変えようと思って、選挙に立候補したんでしょ?」

武井「『自分が社会を変える』とか、そんな思い上がった考えはないですよ。社会を変える行為の主体は、住民の皆さんおひとりおひとりです。皆さんに、政策の実現にご協力をお願いしたいという気持ちはあっても、私一人で実現することは不可能です。そういう願望や思い上がりはありません」。

 

~ そういうやりとりがあったのですが、コトバの微妙なニュアンスの違いについて、武井の見解を述べます。「『変えたい』という気持ちではない」ことについて、その場で解説を求められれば説明申し上げたのだが、インタビュアー氏は、否定の理由を尋ねることはなく、あくまでも違うものへの同意同調をお求めで誘導に徹しておいでだったので、会話のやりとりは、違うものは違うと否定するに留まってました。武井は、実は何度か説明しようと試みたが、インタビュアー氏は、武井が問いを否定する理由の説明はご希望されておいででなく、説明しようと試みて言いかけると遮られ、武井が話したいようには話ができなかったのら。報道局側で取材事前に予め決めてあったシナリオ通りの画撮りと会話以外は認めてなかった企画ら。

プロデューサー氏へ問合せてないが、念のため訊くだけ訊いてみたほうがええかな…思い込んでる訳でもないけど、十中八九、想像通りだろうと思うし、だからって争う気もないし。(まだ問い合わせてねえす)

武井のアタマの中、ゆれとる。物理的な眩暈(めまい)もあるけど、政界就労は殺されてもバカバカしいから止めて、解決策は示したから日本出てったほうがええと思うんや。武井が日本にいるせいで、野党系の先生方が遠慮しておいでの気がするし。武井が善意のつもりでも、自民党の亡国の巨罪に悪用されて、害にしかなってねえ。

自民党以外の無党派で選挙立候補しても、お話にならないシロウトだという紹介なら報道してもいいぜと、自民党で(あのくそたわけがやりそうなことら)キョカっつうより指定したんや。と思う。知名度が上がっても、「政治が分かってない話にならないシロウト」だと宣伝するんじゃ、最短距離での政治家就労の見地からはプラスではありえんのら。武井は、過去に政治家就労の機会を得たことはないが、自民党のくそよりは、モノ(政治家の仕事)を分かってるつもりでおるのら。

ちなみに選挙結果: 武井直子の都知事選 得票総数 4,605票でした!

ご投票くださった皆さまに心から感謝申し上げますと共に、ご付託を込めて貴重な一票を賜りながら落選し、ご期待に添えなかったことを深くお詫び申し上げます。

 

●「社会を変えたい」→ 武井は、「~したい」という気持ちで選挙に立候補していません。「~たい」という夢想、願望、不確定な所望、という気持ちではないです。

武井は、社会問題(現況)を改善する、確実に変えるための政策を提起しています。「変えたい」のではなく、「確実に変える」、「確実に改善する施政方針で職務に取り組む」ための立候補です。であるものを、なぜ不確定な願望語調へ夢物語化せねばならんのだ? 言質をとって武井の政見資質を不当に貶めて、政策の実現も含めて政治家就労を損なう陰謀かと疑った。

選挙に当選就労し役職に就いたら即仕事を実行し実施するために立候補して名乗りを挙げとるのに、実績皆無の身上では、余りにも侮辱し見下した物言いと怒りこそ覚えないものの悲しい気持ちはあるよ。「悲しい」ってのも抑えた表現で、実を言えば、そういう甘い感傷じゃない。自身の一命に代えても絶対に助ける意思で、法治防犯防災を為し遂げようと、政策実現をめざして政治家就労を試みているものですが、救助救護を要する方お一人にすら役には立っていない中で、意に反して、既に被害者を膨大に出している国権犯罪へ提起案が盗まれ悪用されており、余程自分が死んだほうが世の中のためかという混迷に陥るに至ってます。

武井が犯罪被害で就労を損なわれた35年余り、社会の一線で能力相応に仕事してて35年分の実績があったら、ああいう取り上げ方するわけねえんだ。仮に今と同様に死にぞこないの体でああいう事態に陥っていたとしても。アゲゾコの嵩上げをすることはあっても、敢えて不慣れで仕事の取り組みのないシロウトだと強調したりしねえだろ(ケースバイケース?)。選挙公約はご紹介いただき深く感謝しております。有難うございました m(_ _)m 自民党で報道規制かけて選挙妨害してても、報道局側のピックアップの善意は理解してます。他局でも選挙政見放送は一部の方のご支持いただき、政見の紹介は、自力独力では住人の皆さんへ周知しうる発信手段が乏しく、本当に有難かったです。だけど、あれは一面「これじゃあ落選して当たり前だよ」ってレポートら。そうなんだけどさ…

あれって、裏を返すと、現況の選挙法では、規定の「税金百億円市場の宣伝祭り」を使いこなす組織力や演出力がないと当選できないってイミでもあるけど、ここらに気付いてる有権者さん、おる? 自民党でつくった政権独占目的の儀式祭典を開催しとるモンで、「肝心要の候補者の政策」の吟味は等閑。政見政策細部まで吟味して論議なんて、街頭演説、辻演説に耐久できる自前の物理資本(時間・体力・支援人脈=人手・費用)の捻出、「個人演説会」開催して集客動員できる候補は限られとる。運動中の公約も、自民党候補は有権者をだますための嘘八百を並べて当選後は翻変する。「政治家」とか「役人」とか国の要職者の虚言妄語という国家最大級の重罪を問題視しない無法国って、日本くらいぢゃねえ?

 

●「社会を変える」→ 武井「自分に社会を変えられるとは思っていませんよ」と申し上げた通りだ。政策の提起と、施政の取り組みと、社会への結実は、別の問題。

現行選挙選出の政治家は、前二者について就労志望するものであって、社会へ具現する主体者は住民の皆さまであって、政治家個人で可能な担当範囲は限られており、社会全般がどうなるという性格のものではない。「社会を変える政策の提起」と、「社会を変える(政策を結実する)こと」は、別の事象。

武井に言わせれば、勉強が足らん、考えが足らんのは、インタビュア-氏のほうら。ちなみに、一つではあるが、武井のほうが年上でオバサンだ。

武井が細かすぎるとか思う人は、言葉の微妙なニュアンスの違いで隔絶した別次元の事象を意味するという表現上の大問題を理解していない。

そう思うが、あなたは、この程度のことを考えずに生きてきたのか? ならば、今から考えたまえ。

自民党政権のガッコーじゃ教えてね~よな(聞かねえな)。

- なんて言っても、或いはインタビュアー氏は、百も承知かもと想像はしておる。政府(自民党)で、ここ数年来、テレビ・ラジオ・新聞、メディア報道に厳重に規制かけてるから、厳重な公権力規制の中で野党候補を取り上げるには、あれ以外の企画は通らなかったんでねえ? 社会を確実に改善する実力者が野党系の政治家だという事実について、自民党が報道を認めるわけがねえ。

日本社会を維持してきたのは、民権派の政治家と、国民だ。軍国主義の自民主流は、軍事攻撃と人衆の殺戮以外できることね~から、専ら国を食い潰しとるが。

ここ数年来、武井が社会へモノを提起すると、凶悪組織に、軍事殺戮推進のネタに無断で盗んで悪用されるので、言論活動は殆ど自粛しており公表を控えておるのだが、無辜の一般国民として戦争協力なんてしてねえ!!(怒)武装解除、安保撤廃、ほか要求しとるが~~!! 自民党が無断で盗むんら!! ドロボーや!! 犯罪や!! 死ねっ死ねっ死ねっ死ねっ自民党は死ねっ!!! 私は怒りで死ぬ思いだ。

殺戮犯罪を「多様」だと。おおわらい。確信犯か、錯誤者か、正気ぢゃねえ。大概にしろ、亡国のくそ。くそくそくそ、自民党は死ねっ!!!!!

日本は法治国家でなくなりつつあります。「戦争犯罪」を「多様な思想」と肯定した瞬間、世界最凶の無法集団組織になります。自民党は、国民の皆さんをだましとる。だまして殺すのが自由民主党の本義本分本領、殺戮がすべての100万人組織です。

武井は一介の病養人だが、少なくともサイアクのくそよりゃまともだす。

 

● ~ 追 記 ~ ●

後日、自省し、思ったこと。

「~したい思いで選挙に立候補した」という表現で語るなら、

「社会を改善するために働きたい」、「私にご投票いただき仕事をお任せくだされば、この政策を実施し確実に改善する」

知事職(政治家)就労のため選挙立候補しているものだが、それでも敢えて「社会のために働きたい、働かせてくれ」という就労意志について語るべきだったのだろうか? ここから更に飛躍しているが、一命に代えても社会へ提起するべき政策があっての選挙立候補である点については、実態に即して事実相応に言及していたと思う。

知事として施政方針を打ち出し、都政を指揮する就労意志で選挙に立候補しているのは当然以前だが、「知名度なし政治家就労経験なし、ないないづくしのあなたでは到底当選の見込みもないだろうに、何故」という言外の ” にゅあんす ” は自身でも自覚しており、「(” 泡沫 ” の中でも、更にきわめつけの)大穴候補」である点は自称していた。それでも或いは現行選挙に各種用意されている運動手段を網羅して活用しうる対応力機動力があれば、当選の可能性もあったのかもしれない。その努力すら疑わしいとなれば、ご批判もあるのかもしれない。

しかし、私に言わせれば、選挙で問われる職能の有無は、現行の選挙では有権者に把握困難と思考される。自民党の支配下には、” 政策は、国政なら官公庁、都政なら都庁の ” 優秀な ” 職員が提起するから、国の大臣や議員、知事職者が、政治家として政策を提起する必要はなく、民意をくむなどと衆愚に応える必要もなく、官僚政治・閣僚政治こそ国の安泰安定。 - 一般国民に言わせれば、機能不全のただの思考硬直であり、堕落・腐敗・廃頽・衰滅・自棄でしかない。言うまでもなく広義の「政治」ではなく、責任者の責任を適正に追及すれば、これ以上ない巨重な「犯罪」だ。社会の最上職者が、為すべき責務を果たさない。この為に、本来、救助救済され活かされるべきはずの不遇者困窮者の生活・生命・存在のすべてが、不作為の見殺しに踏みつけられ不意になっている。

持論は置くが、先だっての都知事選挙は、2020東京五輪推進の現政権が、速攻で自分の手駒の本命とすげかえただけのイベントだ。

世界の軍事紛争をいっそう煽り、大日本帝国の侵略戦争の正当化を図る2020東京五輪強行、水俣病加害家の象徴天皇即位による国の共同犯罪の隠蔽と正当化、ここら辺2点が主目標であり、小池百合子氏は、自民党 環境大臣・防衛大臣・最期の衆議院議員就労中も「安保法制」推進、国権犯罪を驀進している政治家だ。実務内容は穢れはてた巨悪巨罪不正義のオンパレードであり、” 政界の渡り鳥 ” 等々ことさらに自民党色の否定や市民改革派をよそおい演出していたが、現在のところ安倍内閣施政の急先鋒である。今回の舛添おろし自民の選挙本命。支持投票者291万人とは、おそらく氏の実態について知る権利を侵害されている被害者だろう。

 

自身の選挙運動に対するご批判についてですが、

数日前、家の者から聞いた話では、「 ” 政見放送で、政策詳細はポスター読んでくれって言ってたから、掲示場へポスター見に行ったのに、ポスターが貼ってなかった ” と苦情のご意見がインターネットなどに出ていた」そうで(家人の話の趣旨主張要求は、更にまた別)、

大変申し訳ございませんでした m(_ _)m 平身低頭お詫び申し上げます。

選挙自体は一段落しておりますが(当選人の任期中は不測の改変あり、元来「選挙選出」には、そういう含みもあります)、現在、当該選挙選挙人1千百万余人の皆様宛、提起予定だった政見送付について検討しております。